02yarekamo001mn

記事一覧(10)

ロバート・秋山が演じる主人公に「原作と似すぎ!」と視聴者の声が殺到! 逢沢りな演じる同窓会で再会した美女と“やれた”のか?依頼者の思い出を判定 次回は天使もえ登場!

 株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「AbemaSPECIALチャンネル」において、1月27日(土)夜11時より「AbemaTV」オリジナル連続ドラマ第2弾『やれたかも委員会』を放送しました。 「AbemaTV」にて初めて実写ドラマとして放送する人気連載漫画『やれたかも委員会』は、“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない……。”という、男性なら誰しもが1度は感じたことのありそうな甘く切ない“やれたかも”というエピソードを、“やれた”のかどうか判定する組織「やれたかも委員会」が判定していきます。 同作品は、毎回様々な“やれたかもしれない”エピソードを抱え委員会に判定を求める依頼者たちに対し、秋山さんが演じる人間愛溢れる犠星塾塾長・能島明、モデル・朝比奈彩さんが演じる女性ならではの視点で淡々と判定を述べる月満子、さらに俳優・本多力さんが演じる、依頼者のエピソードを読み解き、判定結果を伝えるパラディソの個性豊かな「やれたかも委員会」の3人が判定していく、独特の空間がクセになるストーリーです。 番組を見た視聴者からは「秋山ハマりすぎ」、「本当、秋山が原作と似すぎてて草」、「これ秋山しか似合わない番組」といった『やれたかも委員会』の3名、とくに主演の秋山さんが原作マンガと見た目がそっくりであることに注目したコメントが多く寄せられました。これまでもコントやドラマで様々なキャラクターを演じてきた秋山さんの演技力は『やれたかも委員会』の原作マンガを知る視聴者からもお墨付きとなりました。 ■来週は天使もえ登場!彼女の「初めての夜」をスマートにリードできるのか?“ムラキュン”ベッドシーンも…  2月3日(土)夜11時に放送する「初めての夜編」には、就活中の大学生・羽賀ケンジロウ役として俳優の福山翔大さん、付き合って3ヶ月の彼女・佐渡川エリ役として、セクシー女優の天使もえさんが出演します。 就活中の大学生、羽賀ケンジロウは企業の採用面接を終えた後、付き合って3ヶ月の彼女・佐渡川エリと食事を取ることに。焼肉店に行ったことがないという“お嬢様”の佐渡川との“初めての焼肉デート”をスマートにリードできた羽賀。食事を終えて店を出ると時計は夜8時。「次、どこ行こうか?」と問う羽賀に「任せる」と答える佐渡川。ぎこちなくも良いムードのまま、ついにラブホテルへ足を進める2人。佐渡川の“初めての焼肉”と同じように羽賀は“初めての夜”もスマートにリードできるのか?そしてそのエピソードを聞いた『やれたかも委員会』の判定は?放送をお楽しみに。【1月27日放送「同窓会編」あらすじ】同窓会で再会した同級生と鍋パーティーの買い出しで2人きり…    1月27日(土)夜11時に放送した初回では、『やれたかも委員会』へ訪れる依頼者である、照澤武文役として俳優の入江甚儀さん、照澤の回想シーンに登場する高校時代のマドンナ・唯川泉役として女優の逢沢りなさんが出演しました。 同窓会で再会した憧れのマドンナ・唯川泉と、鍋パーティーで仲を深める照澤武文。照澤は買い出しで2人きりになった時、唯川が手を繋いできたことで「このまま2人で抜け出せばやれるのか…?」との考えを抱きます。そんな時、唯川の彼氏である“キジマなる人物”が2人の前に現れるのでした。威圧的なオーラを醸し出す“キジマなる人物”にひるんだ照澤は、「一緒にいてほしい」と無言で訴えかける唯川をなだめ、「彼氏なら2人で話した方がいい」と、その場から去ってしまいます。鍋パーティーをしていた友人宅で唯川の帰りを待つも、唯川は「ごめん、私帰る」と言い残し、帰宅してしまうのでした。 このエピソードを聞いた『やれたかも委員会』の3人は、能島明、パラディソが“やれた”、唯一の女性判定員である月満子のみ“やれたとは言えない”と判定。照澤は自分に好意を示しておきながらあっけなく彼氏の元に戻った唯川の行動に「自分は彼氏への“当て馬”だったのか?」との疑念を持ち、委員会にぶつけます。それを聞いた能島は、逆に照澤の行動に問題があったことを指摘します。「その場にとどまり見届けることは痛みを伴うもの」と前置きしつつ、照澤に好意があったその時の唯川であれば「自分の存在を意識させたまま彼氏と話をさせていれば相応の答えを出していたはず」と“やれた”可能性が高かったことをゆっくりと伝えるのでした。その回答を受けた照澤は「僕はやれたんだ…」と“やれたかもしれない夜”に想いを馳せるのでした。  単なる判定のみにとどまらない『やれたかも委員会』の深い考察とともに“共感ムラキュン”できるこの番組はAbemaビデオで無料でご視聴いただけます。ぜひご覧ください。

堀江貴文が“本人役”で登場、童貞時代の“やれたかも”エピソードを告白! さらに入江甚儀、荒木宏文、川野直輝ら男性出演者も発表

 株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「AbemaSPECIALチャンネル」において、1月27日(土)夜11時より放送する「AbemaTV」オリジナル連続ドラマ第2弾『やれたかも委員会』に、実業家の堀江貴文さんの他、俳優の入江甚儀さん、荒木宏文さん、川野直輝さんらの出演が決定いたしました。 「AbemaTV」にて初めて実写ドラマとして放送する人気連載漫画『やれたかも委員会』は、“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない……。”という、男性なら誰しもが1度は感じたことのありそうな甘く切ない“やれたかも”というエピソードを、“やれた”のかどうか判定する組織「やれたかも委員会」が判定していきます。 主演を務めるお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんも「必ず誰もがあると思うんですよ、『やれたんじゃないかな、あいつ』みたいな」と共感する「やれたかも委員会」。同作品は、毎回様々な“やれたかもしれない”エピソードを抱え委員会に判定を求める依頼者たちに対し、個性豊かな「やれたかも委員会」の3人が判定していく、独特の空間がクセになるストーリーです。■堀江貴文が“本人役”で登場!人生で唯一!?の“やれなかった”思い出のエピソードは漫画化も決定!この度「AbemaTV」では、3月放送の『やれたかも委員会』に、実業家・堀江貴文さんが“本人役”として出演することが決定しました。自身が中学生の時に実際に体験した、年上のいとこのお姉さんとの“やれたかも”話を披露します。毎年お正月に親戚と集まって過ごしていた少年時代の堀江さん。お正月も数日を過ぎたある日、こたつで昼寝をしていた堀江さんは、憧れを抱いていたいとこのお姉さんが隣で寝ていることに気づきます。“童貞時代”の堀江さんはこの時どんな行動をしたのか?そのエピソードを『やれたかも委員会』のメンバーはどのように判定するのか?放送をお楽しみに。 また、この堀江さんの“やれたかも”エピソードが2月中旬に『やれたかも委員会』原作者である、漫画家・吉田貴司さんによって漫画化、公開されることも決定しました。 今回の出演について堀江さんは「僕は原作の大ファンだったので、(やれたかも委員会の)3人がよくできすぎていて笑ってしまいました。また、今回のために原作の吉田さんがマンガを書き下ろしてくださって、それも感激しています。(今回のエピソードは)少年時代の、僕にしてはいい話です」とコメントを寄せています。  さらに全8回に登場する依頼者役や回想シーンに登場する男性ゲストに、俳優の入江甚儀さん、福山翔大さん、荒木宏文さん、板垣瑞生さん、渡辺佑太朗さん、川野直輝さん、森田拳さん、萩原利久さん、林一太郎さんが出演することが決定。今後も順次発表していく予定です。

「やれたかも委員会」監督を務めるのは『闇金ウシジマくん』などを手がけた山口雅俊!

 株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「AbemaSPECIALチャンネル」において、1月27日(土)夜11時より放送する「AbemaTV」オリジナル連続ドラマ第2弾『やれたかも委員会』の監督を『闇金ウシジマくん』シリーズなどを手がけた山口雅俊さんを迎えて放送することが決定いたしました。 「AbemaTV」にて初めて実写ドラマとして放送する人気連載漫画『やれたかも委員会』は、“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない……。”という、男性なら誰しもが1度は感じたことのありそうな甘く切ない“やれたかも”というエピソードを、“やれた”のかどうか判定する組織「やれたかも委員会」が判定していきます。 主演を務めるお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんも「必ず誰もがあると思うんですよ、『やれたんじゃないかな、あいつ』みたいな」と共感する「やれたかも委員会」。同作品は、毎回様々な“やれたかもしれない”エピソードを抱え委員会に判定を求める依頼者たちに対し、個性豊かな「やれたかも委員会」の3人が判定していく、独特の空間がクセになるストーリーです。  今回のドラマの監督を務める山口雅俊さんはこれまで『闇金ウシジマくん』や『カイジ 人生逆転ゲーム』など、数多くの映画やテレビドラマを手がけており、今回初めてAbemaTVでメガホンをとる作品が『やれたかも委員会』です。 山口さんは今回の作品について「“やりたい”男と“やらせない”女が織りなす恋愛のリアルなかけひきに『やれたかも委員会』が鋭く斬り込む、誰も観たことない恋愛ドラマです。ロバート秋山さんの絶妙な顔芸と朝比奈彩さんの体当たりの演技には特に注目してください。」とコメントを寄せました。 山口さんの演出によって新たな魅力が引き出された“共感ムラキュン”ドラマ「やれたかも委員会」の放送をお楽しみに。

第1話のあらすじ&ゲスト陣発表!は逢沢りな演じる憧れのマドンナと宅飲みを抜け出して買い出しへ・・・

 株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「AbemaSPECIALチャンネル」において、1月27日(土)夜11時より放送する「AbemaTV」オリジナル連続ドラマ第2弾『やれたかも委員会』の第1話のあらすじを公開するとともに、ゲストキャストを発表いたします。 「AbemaTV」にて初めて実写ドラマとして放送する人気連載漫画『やれたかも委員会』は、“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない……。”という、男性なら誰しもが1度は感じたことのありそうな甘く切ない“やれたかも”というエピソードを、“やれた”のかどうか判定する組織「やれたかも委員会」が判定していきます。 主演を務めるお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんも「必ず誰もがあると思うんですよ、『やれたんじゃないかな、あいつ』みたいな」と共感する「やれたかも委員会」。同作品は、毎回様々な“やれたかもしれない”エピソードを抱え委員会に判定を求める依頼者たちに対し、個性豊かな「やれたかも委員会」の3人が判定していく、独特の空間がクセになるストーリーです。■今週の初回放送では、同窓会で再会した高校のマドンナ役・逢沢りながロデオガール姿を披露!?  1月27日(土)夜11時から放送される初回には、『やれたかも委員会』へ訪れる依頼者である、照澤武文役として入江甚儀さん、照澤の回想シーンに登場する高校時代のマドンナ・唯川泉役として逢沢りなさんが出演します。 建築資材の営業をしている照澤武文が仕事中に受け取った一通のメール。差出人は『やれたかも委員会』。照澤の“やれたかも”エピソードを聞いて“やれた”のか“やれたとは言えない”のか、ただそれだけを判定するという彼らの元に赴くと、そこに秋山さんが演じる人間愛溢れる犠星塾塾長・能島明、モデル・朝比奈彩さんが演じる女性ならではの視点で淡々と判定を述べる月満子、さらに俳優・本多力さんが演じる、依頼者のエピソードを読み解き、判定結果を伝えるパラディソの個性豊かな「やれたかも委員会」の3人が現れるのでした。 同窓会で再会した憧れのマドンナ・唯川泉と、友人宅で鍋パーティーをすることになった照澤武文。当時の思い出話で徐々に距離を縮める中、唯川に自分の飲んでいた缶チューハイを「飲んでみ?」と差し出された照澤が思い出したのは、高校当時に聞いた「唯川泉は超肉食女子らしい」という噂。“超肉食女子”らしくロデオガールの格好で腰を揺らす唯川の姿を妄想してしまう照澤は、鍋パーティーの買い出しに行くことに。そこに唯川が「私も行く!」とついてきて…。ついに憧れの唯川と2人きりになった照澤は“その先”へ進めるのか?『やれたかも委員会』の判定とともにお楽しみください。<レギュラー出演者>秋山竜次(ロバート)、朝比奈彩、本多力、西内ひろ<初回ゲスト出演者>逢沢りな、入江甚儀

『やれたかも委員会』放送直前特別番組 芸人たちが自身の“やれたかもしれない”話を赤裸々告白!?

 株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、オリジナル連続ドラマ『やれたかも委員会』(1月27日(土)夜11時~)の放送を記念して、「AbemaSPECIALチャンネル」にて、特別番組『聞いてくれ!オレのやれたかも話』を1月21日(日)夜10時から放送いたしました。■5人の芸人が“やれたかもしれない”エピソードを引っさげてスタジオに登場!手島優らに判定を求める 同番組は、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明さんと井上裕介さんが進行を務め、“あのとき、もしかしたら、あの子とヤれていたかもしれない”エピソードを抱えた芸人5名、坪倉由幸さん(我が家)、平井“ファラオ”光さん(バカよ貴方は)、森田哲矢さん(さらば青春の光)、アントニーさん(マテンロウ)、ナダルさん(コロコロチキチキペッパーズ)が、当時の経験を思い出しながら真剣に語っていきました。エピソードが「やれた」のか「やれたとは言えない」は、グラビアアイドル・手島優さんをはじめとする芸能事務所・プラチナムプロダクションに所属するタレント・愛川ゆず季さん、モデル兼キャバクラ嬢・愛沢えみりさん、グラビアアイドル・都丸紗也華さん、グラビアアイドル・久松かおりさんの5名が“プラチナム軍団”として判定しました。 最初にエピソードを披露したのは、ナダルさん。大学時代の夏に、四国で2週間泊まり込みのバイトをしていた際に出会った女性について語りましたが、女性からの判定は全員「やれたとは言えない」という結果で終わってしまいました。 続いて、平井さんが5~6年前に出会った女性について告白。当時、まだテレビにもほとんど出ておらず、ライブをしていた時のこと。女性と手も繋いだことがないほど、女性経験がなかった平井さんは、ライブ後に初めて出待ちをしてくれていたファンに遭遇。ファンだと話す女性から「男としてすごく好みなので、友達としてでいいので、連絡先を交換してください」と言われ、舞い上がってしまった平井さんは連絡先を交換。その後、何回かデートしたある日、「よかったらうちに来ませんか?」と誘われ、自宅でDVDを観ていると、肩に頭を乗せてきたりと良いムードに。終電が近づき、帰ろうとした平井さんに「帰したくない!」と彼女が抱きつきますが、平井さんはテンパってしまい、ベッドに彼女を投げ飛ばして逃げるように帰ってしまったと話しました。 男性陣からは「これはやれた」、女性陣も「結果はでている」と満場一致。判定も5人全員が「やれた」の札を挙げ、見事「やれた」と認定されました。スタジオが拍手に包まれると、お笑いコンビ・にゃんこスターがスタジオに登場!花吹雪を散らしながら、持ち前のダンスで祝福しに駆けつけました。 その後、アントニーさんがバイト先の風俗嬢と、プレイをする部屋で2人きりで飲んだエピソードを話すも「やれたとは言えない」が3票で「やれた」とは認定されず。続く坪倉さんが、始発電車で正面に座っていた初対面の女性が、隣に移動してきて、「自分の降りる駅で起こして欲しい」と言い出し、駅に着くと「駅から遠くないので家まで送ってほしい」と頼まれたエピソードを披露すると、「やれた」が4票で、「やれた」と認定されました。■さらば青春の光・森田、中村静香との“やれたかもしれない”エピソードを披露!? 最後に登場したのは、森田さん。井上さんが「今から話す女性は芸能人でいうと、誰に似ていますか?」と質問すると、「似ているというか、ガチの芸能人です。ドラマにも出ている有名なグラビアアイドルの方です。イニシャルは苗字がNです」と回答し、スタジオがざわつきました。タレント・坂上忍さんがMCを務めるインターネット番組で海外ロケに行った際に、一緒の共演していたNさんとのエピソードを話し始めると、「お酒をかなり飲むロケで、お酒が全然飲めないんですけど、マッコリをひたすら飲んだら潰れてしまい、ロケバスの中で寝てしまった。すると、Nさんが一人でバスに乗り込んできて、(森田さんの)顔を手でいじくり回してきた」と当時を再現しながら説明しました。Nさんの顔も胸も目の前にある状況を1ミリの理性で食い止めたと話す森田さんは、ロケが終わり、ホテルでエレベーターを待っていると、Nさんとマネージャーと遭遇。隣にマネージャーがいるにも関わらず、森田さんの腕をひっぱりながら「これからどうするんですかー?飲みますー?」と誘われるも、連絡先も知らないし、マネージャーもいるとのことで、断ってしまったと話しました。当時を振り返り、「マネージャーがいなかったら絶対やれたなと思うんですよね」と話す森田さんでしたが、やはり相手が芸能人ということもあり「「やれたとは言えない」が3票で「やれた」とは認定されませんでした。エピソード披露後、Nさんがグラビアアイドル・中村静香さんだということが判明。ロケの翌日には「昨日のことは覚えていなくてマネージャーさんに聞きました。すいませんでした」と言われたと後日談も明かしました。■NON STYLE・井上、沖縄で女性2人とシングルベットで川の字寝て“キス”エピソードに全員が「やれた」 番組終盤には、石田さんが「井上さんはどうなんですか?」と振られ、井上さんも“やれたかもしれない”エピソードを披露しました。仕事で沖縄に行った際に出会った2人の女性と、自分のホテルの部屋で飲んだ話をしてくれました。気がつくと深夜になって酔っていたこともあり、ここで寝ていくと女性たちが言うので、シングルベットで3人が川の字で寝ることに。真ん中に寝ていた井上さんが寝返りをした際に目の前にいた女性にキスをすると、反対側にいた女性が腕をひっぱり自分のほうに顔を振り向かせ、その女性からキスをされたと明かしました。さらに、朝起きると2人は帰っていて、置き手紙に「昨日は楽しかったです。でも、もっと楽しいことしたかったです」と書いてあったと告白。3人で“やれた”のか教えてくださいと井上さんが言うと、女性陣は満場一致で「やれた」の札をあげ、「やれた」と認定されました。 最後は井上さんから、「今回色々な芸人さんの “やれたかもしれない”エピソードが出てきました!それと同じようなエピソードなのか分かりませんが、男なら“これはどうなんだ?”っていうようなエピソードがドラマ仕立てで1月27日から放送されることが決定しております。ぜひ、ご覧ください!」と呼びかけられ番組は締めくくりました。 尚、同番組はAbemaビデオにて無料で配信中ですので、この機会に是非ともご覧ください。

『AV女優の初恋ピュア物語』 1月13日(土)より二週にわたって放送決定!

 株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「AbemaSPECIALチャンネル」において、「AbemaTV」オリジナルドラマ『やれたかも委員会』スピンオフ企画『AV女優の初恋ピュア物語〜前編〜』を1月13日(土)、同後編を1月20日(土)に、それぞれ夜11時から夜11時30分にわたって放送いたします。 同番組は、1月27日(土)夜11時からスタートする、異性との忘れがたき“やれたかもしれない”甘く切ない夜を振り返り判定する、大人気“共感ムラキュン”漫画をお笑い芸人・ロバートの秋山竜次さん主演で実写化した「AbemaTV」オリジナルドラマ「やれたかも委員会」のスピンオフ企画です。セクシーな姿で世の男性を虜にする人気セクシー女優たちが、これまで語ることのなかった自身の初恋話をリアルに激白していきます。■白石茉莉奈ら人気セクシー女優たちの知られざるピュアな初恋物語に“ムラキュン”間違いなし! 1月13日(土)の前編では、結婚9年目で一児の母“まりりん”こと白石茉莉奈さん、黒ギャルセクシー女優のAIKAさん、セクシー女優界の国民的アイドル三上悠亜さんの3名が登場。これまであまり語られることのなかったピュアでキュンとくる初恋物語を『やれたかも委員会』と同様に“ムラキュン”要素満載でお届けします。 最初に登場した白石さんの初恋は中学1年生のときのこと。相手は同じ中学の2学年上の先輩で、校内でイケメンとして有名だった“四天王”と呼ばれているメンバーの1人でした。俳優の高橋克典さんに似ている“スポーツイケメン少年”であるその先輩は男子テニス部所属。白石さんの所属する女子テニス部を指導しに憧れの先輩がやって来たことで、初めて会話を交わすことに。その時の印象を白石さんは「近くで見る先輩は格好良くて優しかった。同時に手の届かない存在なんだ、とも思いました」と語りました。さらに交流を深めたい、と考えた白石さんは、友人のお兄さん経由で先輩のメールアドレスを入手。「最初は『4 組の○○です、わかりますか?』のようなたわいもないやりとりから始めました」と白石さんは恥ずかしそうに語りました。メールのやり取りが続くことに喜びを覚えるも「このままメル友で終わるのかな…」と不安に駆られた白石さんに訪れた、放課後の転機とは?そして憧れの先輩の卒業式で起こった、心温まるピュアなエピソードとは?ぜひ放送をお楽しみに。■三上悠亜は学校イチのワルな先輩に一目惚れ!そのきっかけは「学校のガラスを割っていた」から!? 三上さんが語った初恋は、中学1年生の時のこと。お相手は俳優の要潤さんに似た1学年上の野球部の先輩でした。友人と一緒にいる時にその先輩から睨まれてしまうという怖すぎる出会いをした2人でしたが、三上さんが恋心を意識したきっかけは、友人のメールからでした。「『この間私たちを睨んで来た先輩が学校のガラスを割っているらしいよ』と聞いて、現場を見に行ったらその先輩が本当にガラス割ってたんですよ。それを見て強そうで格好良い!と思ったんですよね」と当時の想いを語った三上さん。周りの友人たちが怖がる先輩に初恋をした三上さんは、その恋を見事成就させ、クリスマスイブの初デートが決まります。その初デートで先輩が巻き起こした衝撃の“怖すぎる”行動とは?そしてその行動のピュアすぎる理由は1月13日(土)の放送をぜひご覧ください。 その他、AIKAさんが語る、仲良しの友達が好きな先輩を好きになってしまったエピソードは1月13日(土)の放送で、さらに1月20日(土)の後編でも人気の3女優天使もえさん、波多野結衣さん、泉水らんさんが登場します。天使さんが語る12年越しの片思いの末に彼から言われた一言とは!?波多野さんが語った片思いを紛らわせるための偽りのデート&校庭の遊具で愛の告白、泉水さんのイケメン・ガテン系男性に寄せた切なすぎる恋心、と三者三様の初恋エピソードに胸キュン間違いなし。中でもおっとり系ニューハーフとして人気の泉水さんは、男性として生まれて男性を好きであることを家族にも言えなかった状況に苦しみながらも恋心を抱いていた貴重なエピソードを初告白します。ぜひ今まで明かされることのなかったセクシー女優たちのピュアな初恋物語をお楽しみください。 また、そんなセクシー女優たちも出演する『やれたかも委員会 -AbemaTVオリジナルドラマ-』は、1月27日(土)よる11時からより放送開始となります。「あの時、もしかしたら、あの子とやれたのか・・・?」あの日あの時あの場所で、何も始まらずに突然終わった、世界に幾多もある未完のラブストーリーを振り返り、それを判定する“やれたかも委員会”。委員長役に秋山さんを迎えて実写化した、新感覚の”共感ムラキュン”漫画『やれたかも委員会』に、ぜひご期待ください。

逢沢りな、野波麻帆ら豪華女性ゲスト陣のラインナップ発表!

株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「AbemaSPECIALチャンネル」において、1月27日(土)夜11時より全8話を放送する、オリジナル連続ドラマ第2弾『やれたかも委員会』の女性ゲストのラインナップを発表いたします。 「AbemaTV」にて初めて実写ドラマとして放送する人気連載漫画『やれたかも委員会』は、“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない……。”という、男性なら誰しもが1度は感じたことのありそうな甘く切ない“やれたかも”というエピソードを、“やれた”のかどうか判定する組織「やれたかも委員会」が判定していきます。主演を務めるお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんも「必ず誰もがあると思うんですよ、『やれたんじゃないかな、あいつ』みたいな」と共感する「やれたかも委員会」。同作品は、毎回様々な“やれたかもしれない”エピソードを抱え委員会に判定を求める依頼者たちに対し、秋山さんが演じる人間愛溢れる犠星塾塾長・能島明、モデル・朝比奈彩さんが演じる女性ならではの視点で淡々と判定を述べる月満子、さらに俳優・本多力さんが演じる、依頼者のエピソードを読み解き、判定結果を伝えるパラディソの個性豊かな「やれたかも委員会」の3人が判定していく、独特の空間がクセになるストーリーです。 この度、「やれたかも委員会」に訪れる依頼者役、及び依頼者の回想シーンに登場する“やれたかもしれない”女性役として出演するゲストのラインナップを発表します。昨年12月22日(金)に発表したモデル・玉城ティナさん(会社の美人すぎる後輩役)に加え、新たに女優・逢沢りなさん(高校時代の憧れのマドンナ役)、セクシー女優・天使もえさん(1つ下のお嬢様な彼女役)、女優・鹿嶋ゆかりさん(オフィスですれ違う見知らぬ美女役)、女優・相楽樹さん(文化祭の準備で2人きりになるクラスメイト役)、女優・野波麻帆さん(“ママさんバレー”チームに入っている人妻役)、女優・ほのかさん(キャバクラ嬢役)、セクシー女優・三上悠亜さん(アレ?にこだわる大学時代の憧れの先輩役)、矢崎希菜さん(いとこの姉役)が出演することが決定しました。 1月27日(土)夜11時からの初回放送から毎週、“憧れのマドンナと再会し、積極的にアプローチを受ける”や、“人妻からドライブデートに誘われる”、“会社の後輩とクリスマスにデートをするとサンタコスプレに着替えてくれた”など、実際に起こりえそうなエピソードを漫画原作のもと、リアルに再現していきます。さらに、「AbemaTV」オリジナルストーリーの放送も予定しており、“1つ下の後輩と意を決してラブホテルに行く”など、ドキドキする“やれたかもしれない”エピソードをお届けします。どこか出会ったことのありそうな、聞いたことのありそうな、“やれたかもしれないあの娘”が送る至極の“ムラキュン”ストーリーをぜひ、お楽しみください。 さらに、「やれたかも委員会」の部屋で謎のウエイトレス役を演じるのは、女優・西内ひろさんに決定。毎週訪れる依頼者たちとの絡みにも注目です。

新ビジュアル公開&クランクイン時のコメントが到着!

 株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「AbemaSPECIALチャンネル」にて2018年1月27日(土)夜11時より全8話を放送する、オリジナル連続ドラマ第2弾『やれたかも委員会』のクランクインの様子と、玉城ティナさんがゲスト出演することを発表いたします。  「AbemaTV」にて初めて実写ドラマ化として放送する人気連載漫画『やれたかも委員会』は、“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない……。”という、男性なら誰しもが1度は感じたことのありそうな甘く切ない“やれたかも”というエピソードを、“やれた”のかどうか判定する組織「やれたかも委員会」が判定していきます。 主演を務めるお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんも「必ず誰もがあると思うんですよ、『やれたんじゃないかな、あいつ』みたいな」と共感する『やれたかも委員会』。同作品は、毎回様々な“やれたかもしれない”エピソードを抱え委員会に判定を求める依頼者たちに対し、秋山さんが演じる人間愛溢れる犠星塾塾長・能島明、モデル・朝比奈彩さんが演じる女性ならではの視点で淡々と判定を述べる月満子、さらに俳優・本多力さんが演じる、依頼者のエピソードを読み解き、判定結果を伝えるパラディソの個性豊かな「やれたかも委員会」の3人が判定していく、独特の空間がクセになるストーリーです。 この度、『やれたかも委員会』の新ビジュアルを公開。また、クランクインを迎えた秋山さんは「もともとクランクインがすごく好きだったので、この仕事が来た段階で、「あ、クランクインができるんだ」という喜びでいっぱいです。子供の頃からずっと運動会でもお遊戯会でもクランクインが大好きだったので」とクランクイン時の心境を語ってくれました。

「AbemaTV」にて初実写ドラマ化の人気漫画『やれたかも委員会』 主演・秋山竜次に続き、朝比奈彩、本多力のレギュラー出演が決定 ビジュアル公開&初回が1月27日(土)夜11時~に放送!

 株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「AbemaSPECIALチャンネル」にて放送する、オリジナル連続ドラマ第2弾『やれたかも委員会』の初回を2018年1月27日(土)夜11時より放送することが決定し、新たに朝比奈彩さん、本多力さんがレギュラー出演することを発表いたします。  人気連載漫画『やれたかも委員会』の本作品初の実写ドラマ化として放送する『やれたかも委員会』は、主人公の能島明役をお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんが務めることが決定し、解禁直後からインターネットを中心に大きな反響を呼びました。秋山さん自身も「必ず誰もがあると思うんですよ、『やれたんじゃないかな、あいつ』みたいな」と共感する『やれたかも委員会』。同作品は、“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない……。”という、男性なら誰しもが1度は感じたことのありそうな甘く切ない“やれたかも”というエピソードを、“やれた”のかどうか判定する組織「やれたかも委員会」の犠星塾塾長・能島明、ミュージシャン・パラディソ、財団法人ミックステープ・月満子という個性豊かな3人の登場キャラクターが判定していきます。 毎回様々な“やれたかもしれない”エピソードを抱え委員会に判定を求める依頼者たちに対し、「やれたかもしれない夜は人生の宝です」などの名言を残し、すべてを包み込むような人間愛あふれる塾長・能島明や、女性ならではの視点で淡々と判定を述べる月満子、さらに能島明や月満子の意見を汲み取りながら依頼者のエピソードを読み砕き、判定結果を伝えるパラディソの3人が織りなす独特な空間がクセになるストーリーです。 この度、オリジナル連続ドラマ『やれたかも委員会』の初回を2018年1月27日(土)より放送することが決定し、視聴予約が開始しました。全8話を毎週土曜夜11時から夜11時30分にわたり放送します。また、月満子役に、女性誌の専属モデルを務め、有名ランウェイにも多数出演経験を持つ人気モデル・朝比奈彩さん、パラディソ役に数多くのテレビドラマでシリアスな役からコミカルな役まで、多彩な演技力を持つ実力派俳優・本多力さんが、それぞれ務めることが決定し、レギュラー出演者3人のビジュアルを公開しました。今後、「やれたかも委員会」に判定してもらう依頼者、依頼者の回想シーンに登場するキャラクターなども順次発表していく予定です。 本作品について朝比奈さんは「とにかく原作の世界観がとても面白くて、一見くだらないと思える事も真剣に論理的に意見を言う。そんな少しクールな月満子になれる様に頑張ります」、本多さんは「もっと“やれたかも”、と思い残さないように、やりきりたいと思います!」と、同作品に対する思いを語ってくれました。■朝比奈彩さん(月満子・役) コメント全文 今回、月満子役を演じさせていただく朝比奈彩です。とにかく原作の世界観がとても面白くて、一見くだらないと思える事も真剣に論理的に意見を言う。そんな少しクールな月満子になれる様に頑張りました。秋山さん、本多さんのキャラクターが本当に原作通りで思わず本番中笑いそうになってしまいます。見所はストーリーも面白いのですが、委員会室で起こる、なんとも言えない駆け引きや微妙な感情の表現など、細部までこだわった作品です。ぜひ、見てください!!■本多力さん(パラディソ・役) コメント全文 撮影現場はスリリングでキャスト・スタッフが有機的に絡み合っていて毎回本当に楽しいです。秋山さんとも朝比奈さんともはじめましてですが、空き時間も一緒にセリフ合わせをしたり濃い時間をヘトヘトになるまで過ごしております。もっと“やれたかも”、と思い残さないように、やりきりたいと思います!